エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • 暮らしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
  • イベント
  • 事業者情報

現在の位置:  ホーム > 暮らしの情報 > 健康・医療 > 予防接種 > 麻しん(はしか)の感染に注意してください。


ここから本文です。

麻しん(はしか)の感染に注意してください。

ページID Y1002872 更新日  平成30年5月2日  印刷

 平成30年に国内で、また4月に愛知県内で「麻しん(はしか)」患者が発生しており、少しずつ広がりを見せています。
   麻しんが疑われる場合は、必ず医療機関に「麻しんかもしれない」ことを連絡のうえ、速やかに受診してください。また、受診の際は、周囲に感染を広げないよう公共交通機関の利用は避けてください。

【麻しんの症状】
 感染すると、約10日後に発熱・咳・鼻水などの症状が出て、2~3日熱が続いた後、39℃以上の高熱と発疹が現れます。肺炎や中耳炎を合併しやすく、患者1,000人に1人の割合で脳炎が発症すると言われています。

【感染経路】
 麻しんウイルスの感染経路は空気・飛沫・接触感染で、感染力が非常に強く、人から人へと伝搬します。

【その他の情報】
 免疫がない人が感染するとほぼ100%発症し、一度発症すると一生免疫が持続すると言われています。
 ワクチン接種は2回が有効です。現在は1歳(第1期)と小学校就学前年度(第2期)にMRワクチンの定期予防接種を実施しており、対象者には個別に通知しています。
<接種状況>
(1)昭和47年9月以前生まれ(45歳~):制度上ワクチン接種はないが、多くの方が麻しん発症の経験(免疫)あり
(2)昭和47年10月から平成2年3月生まれ(28歳~45歳):制度上1回接種
(3)平成2年4月以降生まれ(~28歳):制度上2回接種

このページに関するお問い合わせ

民生部 健康推進課 保健予防グループ
〒498-8501 愛知県弥富市前ケ須町南本田335 図書館棟(旧本庁舎棟南)
電話番号:0567-65-1111(代表) ファクス:0567-67-4011
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る


Copyright (C) City of Yatomi, All Rights Reserved.