エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • 暮らしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
  • イベント
  • 事業者情報

現在の位置:  ホーム > 暮らしの情報 > 教育・学校 > 弥富市教育委員会 > 教育委員会


ここから本文です。

教育委員会

ページID Y1000271 更新日  令和1年10月1日  印刷

教育委員会とは

教育委員会

 地方教育行政の組織及び運営に関する法律(地教行法)の一部を改正する法律が、平成27年4月1日から施行されました。 

 この改正は、教育の政治的中立性、継続性・安定性を確保しつつ、地方教育行政における責任の明確化、迅速な危機管理体制の構築、首長との連携強化を図るとともに、地方に対する国の関与の見直しを図ることを目的としています。

 

 改正の4つのポイント

  1 教育委員長と教育長を一本化した、新「教育長」の設置

  2 新「教育長」へのチェック機能の強化と会議の透明化

  3 すべての地方公共団体に「総合教育会議」を設置

  4 教育に関する「大綱」を首長が策定

 

教育委員会とは、教育に関する事務を処理するために設置される合議制の執行機関です。

弥富市教育委員会は、新「教育長」と4人の委員をもって組織され、首長が議会の同意を得て任命します。

新「教育長」の任期は3年、教育委員の任期は4年となります。

新「教育長」は、教育委員会の会務を総理し、教育委員会を代表します。

教育長

 教育長は、教育委員会の会務を総理し、教育委員会を代表します。任期は3年で議会の同意を得て市長が任命します。 教育委員会会議に出席し、教育行政の専門的立場から、所管事務について報告、説明を行い、議事について助言します。
教育委員会が決定した方針を、事務局を指揮監督して具体的に執行します。

教育委員

 委員は、市長の被選挙権を有し、人格が高潔で、教育、学術および文化に関する識見を有する人のうちから、市長が、議会の同意を得て任命します。任期は4年です。地方教育行政の組織および運営に関する法律では、保護者(20才未満の子どもを有する者)が含まれるようにしなければならないと定められています。

教育長職務代理者

 教育長職務代理者は、教育長が職務を行うことができない場合や教育長がかけた場合に、教育長の職務を行います。教育長職務代理者は教育長が指名します。

委員会の会議

委員長が招集し、毎月1回開催しています。また、必要があるときは、臨時会を開催します。会議は、原則公開ですが、出席委員の3分の2以上の多数で議決したときは公開しないことができます。

教育委員会の主な仕事

  • 市立小学校、中学校の設置および管理
  • 教育財産の管理
  • 児童生徒の入学退学
  • 職員の人事
  • 学校の組織編制、学習指導
  • 教科書の採択
  • 学校給食
  • 社会教育の推進
  • スポーツの振興
  • 教育関係職員の研修
  • 文化財保護 など

詳細は、地方教育行政の組織および運営に関する法律第23条による。

弥富市教育委員会委員

奥山巧(教育長)

教育長の任期:令和元年10月1日から令和4年9月30日

伊藤昭三(教育長職務代理者)

教育長職務代理者の任期:令和元年10月1日から令和2年9月30日
委員としての任期:平成28年10月1日から平成32年9月30日

浅野美喜子

委員としての任期:令和元年10月1日から令和5年9月30日

鈴木由美(保護者である委員)

委員としての任期:平成29年10月1日から平成33年9月30日

阿部康治

委員としての任期:平成30年10月1日から平成34年9月30日

このページに関するお問い合わせ

教育部 学校教育課 学校教育グループ
〒498-0017 愛知県弥富市前ケ須町野方802-20 総合社会教育センター
電話番号:0567-65-1111(代表) ファクス:0567-67-0062
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る


Copyright (C) City of Yatomi, All Rights Reserved.