エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • 暮らしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
  • イベント
  • 事業者情報

現在の位置:  ホーム > 暮らしの情報 > 生涯学習・文化・スポーツ > 文化 > 弥富市歴史民俗資料館


ここから本文です。

弥富市歴史民俗資料館

ページID Y1000303 更新日  平成27年2月20日  印刷

バリアフリー対応状況:

  • 一般駐車場があります
  • アイコンの説明(新しいウィンドウで開きます)
所在地

弥富市前ケ須町野方731-1

電話番号

0567-65-4355

ファクス番号

0567-65-4355

開館時間

午前9時から午後4時30分

休館日

毎週月曜日・火曜日、祝日の翌日、年末年始(12月28日から1月4日)

駐車場

11

交通アクセス

近鉄・名鉄・JR弥富駅から徒歩15分 東名阪弥富ICから南へ5分 または第二名神湾岸弥富ICから北へ15分

木曽川下流域の新田開発によってできた弥富市は、かつては水郷地帯としていたるところに水路が流れていました。常に水害に苦しみながらも、豊かな水に恵まれ、漁業や海苔の養殖、そして特産の金魚養殖といった産業が発達してきました。このような水と関わりの深い郷土の歴史、民俗、産業、自然等を紹介しているのが弥富市歴史民俗資料館です。

館内では、まずロビーの水槽に泳ぐ22種類の金魚が目を引きます。弥富市は市販されている金魚のほとんどの種類を生産し、中でも高級金魚の産地として全国に知られています。江戸時代にさかのぼる金魚養殖の歴史は、2階展示室の「シアターやとみ」やビデオコーナーで楽しく学ぶことができます。

その他にも、水郷地帯特有の農具や漁具、海苔の生産用具、金魚と並ぶ特産の文鳥飼育の道具など地域の特色を生かした展示を行っています。

歴史民俗資料館の外観写真
歴史民俗資料館

弥富市歴史民俗資料館1階の22品種の金魚の展示写真
22品種の金魚(1階ロビー)

弥富市歴史民俗資料館2階展示室の「シアターやとみ」の写真
金魚と文鳥の歴史が楽しく学べる
「シアターやとみ」
(2階展示室)

map

このページに関するお問い合わせ

教育部 生涯学習課 文化財グループ
〒498-0017 愛知県弥富市前ケ須町野方731-1
電話番号:0567-65-4355 ファクス:0567-65-4355
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る


Copyright (C) City of Yatomi, All Rights Reserved.