エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • 暮らしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
  • イベント
  • 事業者情報

現在の位置:  ホーム > 市政情報 > 広報広聴 > 広報やとみ > 編集のイチオシ記事 > 弥富市より被災地へ職員を派遣しました(平成30年1月号掲載)


ここから本文です。

弥富市より被災地へ職員を派遣しました(平成30年1月号掲載)

ページID Y1002727 更新日  平成30年1月5日  印刷

 こちらの特集では、やとみの防災について行っていることなどを紹介していきます!
 広報やとみ平成30年1月号においても記事を掲載していますので、併せてご覧ください。


画像:山内主事


 今回のやとみの防災では、最後の派遣となる本年度、本市から宮城県東松島市に派遣した山内善瑛主事に仕事内容や東松島市の現状についてインタビューしました。

山内主事へインタビュー!

現在の所属と仕事内容を教えてください。

 弥富市では入庁してから4年間、危機管理課で防災担当でしたが、東松島市でも防災業務に携わっています。主に防災備蓄品の管理、原子力災害時の広域避難、地域防災計画の修正を行っております。

印象に残っていることや事業の感想などはありますか。

 震災時、備蓄品の絶対量や受け入れ体制が十分でなかった被災自治体がほとんどだったため、職員は何日も食べ物を口にできず災害対応に追われ、深夜でも関係なく物資が運ばれて来ても、荷捌きできる人員や受け入れるスペースがないなど、大変苦労されたそうです。同じ境遇に合わないためにも東松島市では、震災後、防災備蓄品の充実を図るため、市内に25箇所の防災倉庫を建設し、その内の1箇所を実効性のある防災倉庫とし、そこを拠点に市内の避難所などへ配布できる体制を整えました。この倉庫は国内外問わず、数多くの視察団を受け入れております。
 また、震災当時、全国から支援いただいた物資を無駄にしないため、倉庫内で適切に管理しております。この恩をお返ししたいという想いもあり、熊本地震の際、被災地へ物資を送ったそうです。備蓄数量については、予算や管理の面でも徐々に減らし、これからは自助・共助による備蓄を推進していくとのことでした。

被災地へ実際に赴任し感じたことや現在の様子などを教えてください。

 東日本大震災から5年が経過し、当時の写真と比べると、まち全体は元の姿を取り戻しつつありますが、被災して身内や友人などを亡くされた方のお話を聞くと、ここまでに辿り着くまでの悲しみや苦労は計り知れず、まだ心の復興は終わっていないように感じます。
 少しでも住民の方の気持ちに寄り添い、力になれるよう仕事だけでなく、地域行事に参加するなど多方面から支援していきたいと思います。

この派遣を通じて弥富市に戻った時に伝えたいこと、弥富市に必要だと感じたことなどはありますか。

 この出来事を風化させず、後世に伝えていくことが、これから被災地に求められることだと思います。
 弥富市においても南海トラフ巨大地震の発生が危惧されております。震災当時、避難所運営が充実していたところは、すべて住民の方が主体で動いてくれた避難所だったそうです。震災で、行政も被災し、行政の力には限界があるということが証明されました。「自分の命は自分で守る」、「自分の住んでいるまちはみんなで守る」といった自助・共助の意識をもつ大切さを多くの方に知っていただき、いつ起こるかわからない自然災害の恐ろしさを身近なものと感じていただきたいです。

最後に東松島市の魅力を教えてください!

 東松島市は、仙台市の北東にあり東は石巻市、南は太平洋に面しています。山もあり海もある自然に囲まれたまちです。市の南に位置する宮戸という地区は島になっており、松島四大観「壮観」と日本三大渓「嵯峨渓」の眺望を有する大高森があります。15 分ほどで山頂に登ることができ、そこからの景色はとても雄大です。
 特産品である牡蠣や海苔も絶品です。
 また、市内に航空自衛隊松島基地があります。航空自衛隊の活動を多くの方に知ってもらうため、国民的に大きな行事などで華麗なアクロバット飛行を披露する専門チーム、「ブルーインパルス」を間近で見ることができます。その光景は非常に見ごたえがあり、まるで映画の1シーンを観ているかのようです。
 先ほども述べましたが、まちは元の姿を取り戻しつつあります。皆さんが訪れていただくことで、東松島市に活気が生まれます。ぜひ、一度東松島市へ足を運んでみてください!

宮城県東松島市ホームページ

画像:宮城県東松島市

ブルーインパルスのアクロバティック

画像:ブルーインパルスのアクロバット飛行

このページに関するお問い合わせ

総務部 秘書企画課 秘書広報グループ
〒490-1405 愛知県弥富市神戸三丁目25番地 十四山支所
電話番号:0567-65-1111(代表) ファクス:0567-52-3276
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る


Copyright (C) City of Yatomi, All Rights Reserved.