エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • 暮らしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
  • イベント
  • 事業者情報

現在の位置:  ホーム > 市政情報 > 大学との連携・協力


ここから本文です。

大学との連携・協力

ページID Y1002638 更新日  平成31年3月28日  印刷

 市と大学が包括的な連携のもとに、産業、文化、福祉、教育などの分野で相互に協力し、協働のまちづくりを推進するとともに、大学における教育・研究および地域社会の発展と優れた人材の育成に寄与することを目的とし、大学と相互に連携を行っています。

2017年度

愛知大学との連携・協力に関する協定締結式

弥富市と愛知大学との連携・協力に関する協定締結式

協定書に署名した市長と愛知大学学長の川井氏

 平成29年9月11日、「弥富市と愛知大学との連携・協力に関する協定締結式」が十四山支所にて行われ、愛知大学学長川井伸一氏と市長による協定書の署名が行われました。

 今後は、この協定締結を機に、地域の活性化、産業の振興、地域文化の振興、福祉の推進などの分野で愛知大学と相互に必要な支援と協力を行っていきます。

愛知大学との連携事業

出張講義

大学での出張講義

 平成29年5月8日、市役所秘書企画課職員2名が愛知大学名古屋校舎を訪れ、法学部入江容子教授のゼミ生47名に弥富市の現状および課題などについての講義が行われました。

 これは、平成30年度末に第1次弥富市総合計画が終了することで、今年度より2年かけて策定予定の第2次弥富市総合計画へ若い世代の意見を反映させるため現役大学生に弥富市について考えてもらうことを目的に行われたものです。

現地調査の受け入れ

現地調査

 平成29年8月8日、入江教授とゼミ生が市役所に訪れ、市職員への訪問調査を行いました。グループごとに分かれたゼミ生たちは、それぞれ「子育て支援」、「農業」、「空き家対策」などの分野に分かれ、担当職員と意見交換をしました。今回の調査結果を論文にまとめ、平成29年12月9日(土曜日)に市総合社会教育センターで政策提言の発表会が行われます。

2018年度

「広報やとみ」の特集の市内取材および記事の編集

取材を行う愛知大学生ら

消防団分団詰所の取材を行う愛知大学生ら

倉庫内の取材をする様子


 平成30年度、入江教授のゼミ生4名が弥富市の広報紙「広報やとみ」の記事の制作とそれに伴う、市内の取材を行いました。
 平成29年度にゼミ生が参加した総合計画策定のための市民ワークショップのなかで、市の防災に興味を持ったとのことで、防災に関する記事を作成していただきました。
 記事作成にあたり、市内各所へも取材に足を運んでいただきました。

東山動物園やとみPRイベントの実施

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

総務部 企画政策課 政策推進グループ
〒490-1405 愛知県弥富市神戸三丁目25番地 十四山支所
電話番号:0567-65-1111(代表) ファクス:0567-52-3276
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る


Copyright (C) City of Yatomi, All Rights Reserved.