エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • 暮らしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
  • イベント
  • 事業者情報

現在の位置:  ホーム > 暮らしの情報 > 健康・医療 > 予防接種 > 子どもの予防接種


ここから本文です。

子どもの予防接種

ページID Y1001455 更新日  令和2年7月8日  印刷

個別接種 (指定医療機関で受ける予防接種)

接種方法

接種場所

予防接種指定医療機関

予約方法

予防接種指定医療機関に直接予約をしてください

持ち物

母子健康手帳、予診票、健康保険証、子ども医療費受給者証

Hib(ヒブ)

対象者

生後2カ月~60カ月に至るまでの間にある者 
 標準的な接種: 初回接種開始は、生後2カ月~7カ月に至るまで

接種開始年齢と回数

接種開始年齢 接種回数 接種間隔

生後2カ月~
7カ月に至るまで

初回3回

追加1回

初回 27日(医師が認める場合は20日)以上の間隔をおく 
    [標準的には27~56日間隔]
(注)生後12月に至るまでに行い、それを超えた場合は行わない。

   この場合、追加接種は初回最後の接種終了後27日

   (医師が認める時は20日)以上の間隔をおいて1回行う。
追加 初回接種終了後7カ月以上の間隔をおく
    [標準的には7~13カ月の間隔]

生後7カ月
~12カ月に至るまで

初回2回  

追加1回

初回 27日(医師が認める場合は20日)以上の間隔をおく 
    [標準的には27~56日間隔]
(注)生後12月に至るまでに行い、それを超えた場合は行わない。

   この場合、追加接種は初回最後の接種終了後27日

   (医師が認める時は20日)以上の間隔をおいて1回行う。
追加 初回接種終了後7カ月以上の間隔をおく
     [標準的には7~13カ月の間隔]

生後12カ月
~60カ月に至るまで

1回  

小児の肺炎球菌

対象者

生後2カ月~60カ月に至るまでの間にある者
 標準的な接種:初回接種開始は、生後2カ月~7カ月に至るまで

接種方法

接種開始年齢 接種回数 接種間隔
生後2カ月~
生後7カ月に至るまで

初回3回  

追加1回

初回 27日以上の間隔をおく[標準的には生後12月まで]

(注)生後24月に至るまでに行い、それを超えた場合は行わない。

2回目の接種が生後12月を超えた場合は、3回目の接種は行わない。

(いずれも追加接種は実施可能)

追加 初回接種終了後60日以上の間隔をおき、生後12月に至った日以降

 [標準的には生後12月~15月]

生後7カ月
~12カ月に至るまで

初回2回  

追加1回

初回 27日以上の間隔をおく[標準的には生後12月まで]

(注)生後24月に至るまでに行い、それを超えた場合は行わない。
  (追加接種は実施可能)
追加 初回接種終了後60日以上の間隔をおき、生後12月に至った日以降 

生後12カ月
~24カ月に至るまで
2回 60日以上の間隔をおく

生後24カ月
~60カ月に至るまで

1回  

4種混合

対象者

生後3カ月~90カ月に至るまでの間にある者

接種方法

1期初回  20日以上 [標準的には20~56日]の間隔をおいて3回接種
       標準的な接種期間:生後3カ月に達した時期から12カ月に達するまで

1期追加 初回接種終了後(3回目)から6カ月以上の間隔をおいて1回接種
        標準的な接種期間:初回接種終了後12カ月に達した時期から18カ月に達するまで

BCG

対象者

生後1歳に至るまでの間にある者

接種方法

1回接種   標準的な接種期間:生後5カ月から8カ月に至るまでの間

 

麻しん風しん(MR混合)

対象者と接種回数

1期  生後12カ月~24カ月に至るまでの間にある者   1回接種

2期  年長児(5歳以上7歳未満であって、小学校就学前の1年間) 1回接種
    令和2年度対象者は平成26年4月2日~平成27年4月1日生まれのお子さん】

(注)2期の対象者には、対象となる年の4月に個人通知にてお知らせします。

水ぼうそう(水痘)

対象者

生後12カ月~36カ月に至るまでの間にある者

接種方法

1回目  1回接種 
      標準的な接種期間は生後12カ月から15カ月に達するまでの間

2回目  1回目接種終了後から3カ月以上あけて1回接種
      標準的な接種期間は1回目接種終了後6カ月から12カ月までの間隔をおいて、生後36カ月に至るまで

日本脳炎

対象者

生後6カ月~90カ月に至るまでの間にある者

接種方法

1期初回   6日以上(標準的には6~28日)の間隔をおいて2回接種
         標準的な接種期間は3歳に達した時から4歳に達するまで

1期追加   1期初回終了後6カ月以上(標準的にはおおむね1年)の間隔をおいて1回接種
         標準的な接種期間は4歳に達した時から5歳に達するまで

2期      9歳以上13歳未満のお子さん  1回接種 
         標準的な接種期間は9歳に達した時から10歳に達するまで
         【令和2年度の対象者は平成22年4月2日~平成23年4月1日生まれのお子さん】
          (注)小学校4年生になる年度の4月に個人通知にてお知らせします

日本脳炎予防接種の特例措置(接種勧奨の差し控えにより、接種が済んでいない方へ)

(1)平成12年4月2日から平成19年年4月1日までに生まれた方は、20歳の誕生日の前日まで日本脳炎の予防接種が可能です。接種を希望される方は、母子手帳を確認の上、不足分を接種してください。

  • 1期接種を1度も接種していない方
    1期初回接種は6日以上の間隔をおいて2回、1期追加接種はその後6カ月以上の間隔をおいて接種
  • 1期初回接種・1期追加接種が不十分な方
    6日以上の間隔をおいて、残りの回数を接種
  • 1期を終え、2期を接種していない方
    9歳以上で1回接種

(2)平成19年4月2日から平成21年10月1日までに生まれた方で、平成22年3月31日以前に第1期の接種(3回)を受ける機会を逃した方は、9歳以上13歳未満の間に不足分の回数の接種が可能。

  • 平成22年3月31日までに1回でも接種している方  6日以上の間隔をあけて残りの回数を接種
  • 平成22年3月31日までに1回も接種したことがない方  6日以上の間隔をあけて2回接種。2回目の終了後、6カ月以上あけて1回接種。※標準的な接種間隔:6日から28日の間隔をあけて2回、2回目からおおむね1年後に1回。

(注)2期の接種は、1期終了後6日以上の間隔をおけば実施できるとしていますが、通常1期終了後、概ね5年の間隔をおいて接種するのが望ましいとされています。

2種混合(ジフテリア、破傷風)

11歳以上13歳未満の者  1回接種
標準的な接種年齢は11歳以上12歳未満

【令和2年度対象者は平成20年4月2日~平成21年4月1日生まれのお子さん】

(注)小学校6年生になる年度の4月に個人通知にてお知らせします

子宮頸がん

令和2年4月1日現在、接種の積極的勧奨は行っていません。

対象者

小学校6年生~高校1年生の女子  標準的な接種年齢は中学校1年生の間

ワクチンの種類と接種方法

必ず同じ種類のワクチンを3回接種

サーバリックス

標準的な接種方法:1回目を0カ月として1カ月後と6カ月後
標準的な接種方法をとることができない場合は、1月以上の間隔をおいて2回行った後、
1回目の接種から5月以上、かつ2回目の接種から2月半以上の間隔をおいて1回

ガーダシル

標準的な接種方法:1回目を0カ月として2カ月後と6カ月後
標準的な接種方法をとることができない場合は、1月以上の間隔をおいて2回行った後、
2回目の接種から3月以上の間隔をおいて1回

B型肝炎

対象者

生後1歳に至るまでの間にあるお子さん
 標準的な接種:生後2月に至った時から生後9月に至るまでの期間

接種方法

2回目:1回目から27日以上の間隔をおく
3回目:1回目から139日以上の間隔をおく
(注)母子感染予防のため、抗HBS人免疫グロブリンと併用してB型肝炎ワクチンの接種を受けた場合は、健康保険が適応されるため、対象となりません。

 

 

愛知県広域予防接種事業のご案内

 愛知県では、平成26年4月1日より定期予防接種の広域化が始まりました。下記の対象となる方は、県内の協力医療機関で接種することができます。

対象者 

  1. 指定医療機関以外の市町村にかかりつけ医がいる者
  2. 長期に入院治療を要し、指定医療機関で予防接種が受けることが困難な者
  3. 里帰り出産、家庭内暴力などのため、指定医療機関以外での予防接種を希望する者
  4. その他市長が対象者と認めた者

接種までの流れ

  1. 接種を希望する医療機関が「愛知県広域予防接種事業」に参加をしているか確認をしてください。
  2. 参加している場合は、保健センター(健康推進課)窓口に「愛知県広域予防接種連絡票交付申請書」を提出してください。
    申請書は下記よりダウンロードできます。 申請時には母子健康手帳と印鑑を持参ください。
  3. 後日、「広域予防接種連絡票」をお送りしますので、接種を希望する医療機関にご予約の上、接種を受けてください。接種時には広域予防接種連絡票、母子健康手帳、弥富市の予診票、子ども医療費受給者証、健康保険証を持参ください。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 健康推進課 母子健康グループ
〒498-8501 愛知県弥富市前ケ須町南本田335
電話番号:0567-65-1111(代表) ファクス:0567-67-4011(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る


Copyright (C) City of Yatomi, All Rights Reserved.