エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • 暮らしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
  • イベント
  • 事業者情報

現在の位置:  ホーム > 暮らしの情報 > ごみ・リサイクル・環境 > 環境 > ペット > 愛護動物の虐待や遺棄の禁止


ここから本文です。

愛護動物の虐待や遺棄の禁止

ページID Y1002671 更新日  平成29年12月18日  印刷

愛護動物とは

  1. 牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、いえばと、鶏およびあひる
  2. その他、人が占有している動物で哺乳類、鳥類またはは虫類に属するもの

愛護動物の虐待や遺棄の禁止

愛護動物を虐待したり捨てる(遺棄する)ことは犯罪です。違反すると「動物の愛護及び管理に関する法律」に基づき処罰されます。

愛護動物を殺したり傷つけたりした場合
 2年以下の懲役または200万円以下の罰金
愛護動物を遺棄したり虐待した場合
 100万円以下の罰金

※虐待とは、みだりに給餌や給水をやめたり、酷使したり、病気やけがの状態で放置したり、ふん尿が堆積するなどの不衛生な場所で飼ったりするなどの行為をいいます。

このページに関するお問い合わせ

市民生活部 環境課 環境保全グループ
〒490-1405 愛知県弥富市神戸三丁目25番地 十四山支所
電話番号:0567-65-1111(代表) ファクス:0567-52-3276
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る


Copyright (C) City of Yatomi, All Rights Reserved.