エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • 暮らしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
  • イベント
  • 事業者情報

現在の位置:  ホーム > 暮らしの情報 > 健康・医療 > お知らせ・イベント > ネット依存・ゲーム依存(デジタル依存)に注意しましょう!


ここから本文です。

ネット依存・ゲーム依存(デジタル依存)に注意しましょう!

ページID Y1003383 更新日  令和1年7月25日  印刷

インターネットやゲームは、身近でとても便利なものです。2018年に厚生労働省は、中高生の14%に当たる約93万人がネット依存の疑いがあると発表しました。インターネットやゲームとは上手に付き合いましょう。

ネット依存・ゲーム依存について知りましょう

ネット依存・ゲーム依存とは?

インターネットを利用する人

ネット依存とは、インターネットに没頭してしまうあまり、パソコンやスマホが使用できないとイライラしたり、人間関係を煩わしく感じるなど、対人関係や日常生活に影響が生じているにも関わらず、インターネットの使用をやめられない状態と言われています。

ゲーム依存とは、(1)ゲームをする時間や頻度を自ら制御できない、(2)ゲームを最優先する、(3)問題が起きているのに続けるなどといった状態が12カ月以上続き、社会生活に重大な支障が出ている状態を言います。(WHOより)

ネット依存・ゲーム依存の影響

心への影響

・感情をコントロールできない。

・意欲が低下する。

・自己中心的になる。

・思考能力が低下する。

・攻撃的になる。

・うつ病やその他の心身症の原因となる。 など

体への影響

・睡眠不足・睡眠障がい

・眼精疲労による視力低下、慢性的な頭痛・めまい・吐き気・肩こり

・食生活の乱れによる栄養障がい

・体力の低下・エコノミークラス症候群

社会性への影響

・インターネットやゲームに没頭し、睡眠不足によって学校や職場に行けなくなる。

・お金の使い過ぎによる経済困難になる。

 

ネット依存・ゲーム依存にならないために

(1) スマホやゲームを常に持ち歩かない。

(2) パソコンは毎回シャットダウンする。

(3) インターネットやゲームを使用しない時間を作る。(デジタルデトックス)
    注:デジタルデトックスとは、一定期間スマートフォンやパソコンなどのデジタルデバイスとの距離を
      置くことでストレスを軽減し、現実世界でのコミュニケーションや、自然とのつながりにフォーカ
      スする取り組みです。

(4) 1日の利用時間を把握する。

(5) ネット依存・ゲーム依存の症状がある、不安がある場合は、専門機関に相談する。
    津島保健所 電話0567-26-4137(平日9時00分~正午、13時00分~16時30分)
    愛知県精神保健福祉センター 電話052-951-1722(平日9時00分~正午、13時00分~16時30分)

このページに関するお問い合わせ

民生部 健康推進課 保健予防グループ
〒498-8501 愛知県弥富市前ケ須町南本田335 図書館棟(旧本庁舎棟南)
電話番号:0567-65-1111(代表) ファクス:0567-67-4011
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る


Copyright (C) City of Yatomi, All Rights Reserved.