エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • 暮らしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
  • イベント
  • 事業者情報

現在の位置:  ホーム > 暮らしの情報 > 保険・年金 > 国民健康保険 > 柔道整復師(整骨院)を受診される皆様へ


ここから本文です。

柔道整復師(整骨院)を受診される皆様へ

ページID Y1000135 更新日  平成27年2月19日  印刷

接骨院は、「柔道整復師」の国家資格を持つ方が施術を行う施設です。病院等の「保険医療機関」ではありませんので、接骨院等で健康保険証が使える範囲は限られています。次の注意事項を、受診の際のご参考として下さい。

健康保険の対象となる場合

  • 外傷性の打撲・ねんざ・挫傷(肉離れ等)
  • 骨折・脱臼(応急手当を除き、医師の同意が必要です)

(注)急性または亜急性(急性に準ずる)の外傷性傷病の場合に限られます。

健康保険の対象とならない場合

  • 日常生活における疲れや肩こり
  • スポーツなどによる筋肉疲労
  • 加齢による腰痛や五十肩の痛み
  • 病気(神経痛、リウマチ、慢性関節炎等)による痛み、こり
  • 脳疾患後遺症などの慢性病

(注)症状の改善が見られない長期間の施術の場合、内科的な要因(けがではなく病気による痛み)も考えられますので、一度医師の診断を受けて下さい。
(注)同一の負傷について、同時期に柔道整復師と医師に重複してかかることはできません。ただし、負傷の状態を確認するために医師の検査を受けることはできます。

保険証を使って整骨院・接骨院を受診される際の注意事項

傷原因を正確に伝えてください。

  • 外傷性の負傷でない場合は保険証が使えません。なお、交通事故などの第三者行為の場合には、必ずご加入の保険者に連絡をしてください。
  • 仕事中・通勤途上の負傷(労災保険に該当する場合)も保険証は使えません。

「療養費支給申請書」には必ずご自分で署名または捺印をしてください。

  • 負傷原因、負傷名、施術日数、自己負担額等に間違いがないかよく確認して、ご自身で署名または捺印をお願いします。

領収書は必ずもらいましょう。

  • 領収書は無料で発行されます。必ずお受取りください。(領収書は医療費控除を受ける際に必要です。大切に保管して下さい。)

施術内容を照会させていただくことがあります。

保険証 を使って接骨院にかかった方に、負傷原因や施術年月日、施術内容等を文書にて照会させて頂く場合があります。これは仕事中の負傷でないかどうかや、接骨院からの請求内容とご本人様のご記憶に相違がないかを確認するために行います。お手数ですが、ご協力お願いいたします。

このページに関するお問い合わせ

民生部 保険年金課 国保グループ
〒498-8501 愛知県弥富市前ケ須町南本田335 図書館棟(旧本庁舎棟南)
電話番号:0567-65-1111(代表) ファクス:0567-67-4011
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る


Copyright (C) City of Yatomi, All Rights Reserved.