エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • 暮らしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
  • イベント
  • 事業者情報

現在の位置:  ホーム > 暮らしの情報 > 福祉・介護保険 > 福祉医療 > 子ども医療費支給事業


ここから本文です。

子ども医療費支給事業

ページID Y1000384 更新日  平成31年3月4日  印刷

子どもが健康保険が適用される医療を受けた時に、医療費の自己負担分を助成する制度です。
愛知県内の医療機関を受診される場合は、窓口で健康保険証と一緒に子ども医療費受給者証を提示してください。
県外の医療機関を受診された場合は下記「現金で支払った場合の医療費の請求」をご確認ください。

受給者証の有効期限について

 小学校1年生から中学校3年生までのお子さんがお持ちの「子ども医療費受給者証」の有効期限は中学3年生の年度末までです。

 なお、小学校入学前のお子さんの有効期限は、小学校入学前の3月末までとなっております。新年度に小学校1年生になられるお子さんには、中学3年生の年度末までの新しい受給者証を3月末までに郵送でお届けします。4月1日以降は届いた新しい受給者証をご使用ください。
 3月末までに新しい「子ども医療費受給者証」が届かない場合は保険年金課 福祉医療グループまでお問い合わせください。

 

対象者

本市に住所を有する中学3年生の年度末(15歳に達した日以降最初の3月31日)までの子ども。ただし、健康保険に加入していない方、生活保護を受給している方、その他福祉医療該当の方は受給できません。

受給者証の交付申請手続き

市役所の窓口に次のものを持参して、交付申請してください。

  • お子さんの健康保険証
  • 印鑑(朱肉を使って押すもの)

届け出が必要な時

  • 氏名、住所に変更があった時
  • 加入している健康保険またはその内容に変更があった時
  • 子ども医療費支給制度の対象者で無くなった時
  • 受給者証を紛失した時

現金で支払った場合の医療費の請求

愛知県外の医療機関で受診した場合、コルセットなどの治療用装具を作成した場合、受給者証を提示することができずに現金で支払った場合は、次に掲げるものを持参のうえ、市役所で請求手続きをしてください。

  • 子ども医療費受給者証
  • 健康保険証
  • 領収書
  • 受給者名義の口座番号のわかるもの
  • 印鑑(朱肉を使って押すもの)
  • 医師の証明書(コルセットなど装具の請求の場合のみ)
  • 高額療養費や家族療養附加給付金の支給対象となった場合は、保険給付金支給証明書(加入している健康保健組合が証明したもの)

高額療養費について

子ども医療費受給者の医療費が高額となり、高額療養費支給制度に該当した場合、医療費の自己負担分を市が負担していますので、限度額を超えた分を市が健康保険組合に請求する手続きが必要となります。該当すると思われる方には連絡をしますので、ご協力お願いします。

助成が受けられないもの

  • 健康保険が適用できないもの(健康診断・予防接種料・薬の容器代・室料差額など)
  • 入院時の食事に係る費用の自己負担分(食事療養費標準負担額)
  • 選定療養費(200床以上の医療機関へかかる場合の紹介状なしの初診料など)
  • 交通事故など第三者行為による傷病

このページに関するお問い合わせ

民生部 保険年金課 福祉医療グループ
〒498-8501 愛知県弥富市前ケ須町南本田335 図書館棟(旧本庁舎棟南)
電話番号:0567-65-1111(代表) ファクス:0567-67-4011
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る


Copyright (C) City of Yatomi, All Rights Reserved.