エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • 暮らしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
  • イベント
  • 事業者情報

現在の位置:  ホーム > 暮らしの情報 > 防災・安全・消防 > 消防団


ここから本文です。

消防団

ページID Y1001490 更新日  平成28年9月14日  印刷

消防団は、地域における消防・防災の担い手として活動しています。

弥富市消防団の組織と活動について

弥富市消防団は、消防団長を始めとし3中隊16分団335名(平成27年4月1日)の団員で編成され、火災など災害出動や訓練指導などにあたっています。

消防団員とは

  • 消防団員は、他に職業や学業を持ちながら、火災発生時の消火活動や地震、風水害などの自然災害における救助・救出活動、避難誘導などを行うとともに、平常時には災害時に備え日々訓練を行っています。その他にも防火啓発、年末特別警戒など地域の安全安心のために活動しています。
  • 消防団員の身分は、非常勤の特別職の地方公務員です。災害時の出動手当、年額報酬などが支給され、災害補償制度に加入しており、一定期間以上勤務し、退団した場合は、退職金が支給されます。

消防団の活動内容

消防団は、火災や地震などの災害から市民の皆さんの生命や財産を守るため、条例に基づいて弥富市が設置している消防機関です。

消防団域

地区別 名称 区域
北部地区 第1分団 楽平、又八および佐古木の区域
第2分団 前ケ平、東中地、西中地および鎌倉の区域
第3分団 荷之上、五之三および五明の区域
第4分団 海老江、上之割、中之割、下之割、東弥生台団地および中六北の区域
第5分団 車新田、前新田、小島、弥生台団地および中六南の区域
第6分団 平島の区域
第7分団 前ケ須、中山、川原欠および大藤の区域
南部地区 第8分団 森津、芝井および鎌島の区域
第9分団 松名、寛延、間崎、稲元、稲吉、加稲、富島および栄南の区域
第10分団 狐地、稲狐および三稲の区域
第11分団 稲荷、操出、西末広、東末広、大谷、駒野、上野および楠の地域
第12分団 三好、稲荷崎、境、中原、鍋田、富浜および曙の区域
東部地区 第13分団 神戸、桴場、鳥ケ地、子宝および西蜆の区域
第14分団 東蜆、四郎兵衛、亀ケ地、下押萩、上押萩および竹田の区域
第15分団 五斗山、坂中地、鮫ケ地および馬ケ地の区域
第16分団 堤蛇ケ江、大山、鍋平および三百島の区域

年間の主な行事

弥富市消防団としての年間の主な行事としては、下記のとおりです。

年間行事

開催月

行事名称

4月

新入消防団員研修・幹部訓練

5月

新入消防団員研修・普通救命講習・火災活動DIG訓練

6月

海部地方総合防災訓練、弥富市・飛島村消防団合同訓練

7月

分団長視察研修

8月

訓練指導講習

9月

無線通信訓練

11月

秋季全国火災予防運動、操法大会、火災活動実践訓練

12月

年末夜警

翌年1月

出初式、文化財防火デー消防訓練

翌年2月

消防夜間訓練

翌年3月

春季全国火災予防運動、弥富市消防団観閲式

 

※その他に、地域の分団ごとに点検・訓練などを行っています

愛知県消防操法大会
愛知県消防操法大会(小型ポンプ操法の部)

弥富市・飛島村消防団合同訓練
弥富市・飛島村消防団合同火災活動実践訓練

dezomesiki111
出初式(整列・服装および器具点検)

出初式2
出初式(放水)

指導研修
訓練指導講習(夜間)

消防団装備
各消防団装備

消防団員募集

消防団員募集

  • 男女を問わず年齢18歳以上60歳未満で、市内在住、在勤のかたの入団をお待ちしています。

このページに関するお問い合わせ

総務部 危機管理課 危機管理グループ
〒490-1405 愛知県弥富市神戸三丁目25番地 十四山支所
電話番号:0567-65-1111(代表) ファクス:0567-52-3276
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る


Copyright (C) City of Yatomi, All Rights Reserved.