エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • 暮らしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
  • イベント
  • 事業者情報

現在の位置:  ホーム > 暮らしの情報 > 防災・安全・消防 > 防災 > 自助に関すること(家庭で、個人でできる防災) > 非常時持ち出し品の準備


ここから本文です。

非常時持ち出し品の準備

ページID Y1000525 更新日  平成27年2月19日  印刷

非常時持ち出し品の準備の画像1

「いざ避難!」というときに備えて、非常持ち出し品を用意し、ひとまとめにして、取り出しやすいところに保管しておきましょう。
目の不自由な人は「緊急連絡カード」、耳の不自由な人は筆談ができるように「メモ帳」なども用意しておきましょう。とくに内部障害のある人は、「かかりつけの医療機関の連絡先」や「常用の医薬品」なども用意しておきましょう。
災害時に身元が確認しやすいように、運転免許証、障害者手帳、母子手帳などの身分証や緊急連絡カード(緊急連絡先やかかりつけ医療機関などを記入したもの)を携行しましょう。

一次持ち出し品リスト

避難するとき最初に持ち出すもの

携帯ラジオ

デマに惑わされないように正確な情報を得るため。小型で軽くFMとAMが両方聞けるものがよい。予備電池も忘れずに準備をする。

携帯ラジオの画像

懐中電灯・ろうそく

懐中電灯は停電時や夜間に移動する際の必需品。予備の電池も忘れずに。
ろうそくは、太くて安定のよいものを。

懐中電灯とろうそくの画像

ヘルメット(防災ずきん)

屋根瓦や看板などの落下物から頭部を守るため。避難路は転倒事故も多いので必ず用意を。

ヘルメット(防災ずきん)の画像

生活用品

ライター(マッチ)・軍手・紙皿・紙コップ・ナイフ・缶きり・栓抜き・ティッシュ・おしぼり(ウェットティッシュ)・ビニールシート・赤ちゃんのいる家庭は哺乳瓶なども

生活用品の画像

衣類

下着・上着・靴下・ハンカチ・タオルなど。赤ちゃんがいる場合は紙おむつなども。

衣類の画像

水も3日分用意したい。1人1日3リットルを目安として9リットル程度。水は、スチール缶入り、アルミ缶入り、ペットボトル入りなどがある。

水の画像

救急薬品・常備薬

ばんそうこう・ガーゼ・包帯・三角巾・体温計・消毒薬・解熱剤・胃腸薬・かぜ薬・目薬・マスク・とげ抜きなど。
特に、持病のある人は常備薬も忘れずに。

救急薬品・常備薬の画像

通帳類・証書類・印鑑・現金

預金通帳・健康保険証、免許証など。また、現金は紙幣だけでなく公衆電話用の10円硬貨も用意する。

通帳類・証書類・印鑑・現金の画像

非常用食料

少なくとも3日分は用意。火を通さないで食べられるものがよい。最近は水を注ぐだけで食べられる餅、アルファ米なども市販されている。カンパンや缶詰なども保存期間が長く、調理の手間がかからない。

非常用食料の画像

二次持ち出し品リスト

災害後数日を自活するために持ち出すもの

非常用食料

そのまま食べられるか、簡単な調理で食べられるものが便利。アルファ米やレトルトのご飯、缶詰、レトルトのおかず、インスタントラーメン、切り餅、チョコレート、氷砂糖、梅干、インスタント味噌汁、チーズ、調味料、など。定期的に期限を確認し、古いものから食べて、いつも新鮮なものを補充していく。

非常用食料の画像2

一般的な保存期間の目安は缶入りで3年から5年、ペットボトルで1年から3年程度(冷暗所に置いた場合)。随時保存期間の確認を。
飲料用だけでなく生活用の水の確保も忘れずに。生活用としては1人1日7リットル程度を確保。風呂や洗濯機の水は抜かずに寝る前はいつもポットややかんに水を入れておく習慣をつけるといい。

水の画像2

生活用品

燃料は短期間なら卓上コンロや固形燃料で十分。
ガスボンベも多めに用意を。
その他、洗面具・スリッパ、トイレットペーパー、ビニール袋、キッチン用ラップ、新聞紙、ロープなど。

生活用品の画像2

避難生活が長引く場合にあると便利なもの

なべ(コッヘル)、使い捨てカイロ、雨具、ガムテープ、さらし、(包帯、おしめ、手ぬぐい、ロープ、風呂敷などに使えて便利)筆記用具(マジックなど)、スコップ、文庫本など。

避難生活が長引く場合にあると便利なものの画像

阪神・淡路大震災ではこんなものが役立った

  • 公衆電話をかけるための10円玉
  • 移動のための自転車
  • 断水時の風呂代わりとしてドライシャンプー・ウエットティッシュ・ボディ洗浄剤
  • 居場所を知らせるための笛(ホイッスル)
  • 物を運(水曜日)ぶためのキャリーカート
  • 水を運ぶためのポリタンク
  • 調理のための携帯コンロ
  • 救出や脱出のためのバール
  • 女性の下着代わりに生理用品・おりもの用のシート
  • 野菜不足を補うためのビタミン剤
  • 常備薬、
  • 予備めがね、予備補聴器

阪神・淡路大震災で役立った物の画像1

阪神・淡路大震災で役立った物の画像2

あると便利なもの

ウェットティッシュ

水のないときに顔や手をふきます。傷口を拭いたり、シャンプーできないときも使えます。

ラップフィルム

食器にかぶせて使うと食後も洗わなくてすみます。

トイレットペーパー

食器を拭いたりタオルの代わりに使います。

マスク

救出救助の時ほこりを防ぎます。

ビニール袋

大型のビニール袋は、中央に穴を開けるとレインコート代わり。ダンボール箱に重ねれば簡易トイレに。水の運搬にも使えます。小型のものがあれば便利です。

バール、ジャッキ

倒壊した家から救出・救助に利用できます。

笛(ホイッスル)

倒壊した建物に閉じ込められた時、助けを呼ぶのに利用します。

避難するに当って注意することは?

  • 避難が必要なときは、身体の不自由な人やその家族へ声をかけ協力しましょう。
  • 避難する前に火気を確かめ、完全に消します。電気のブレーカーも忘れずに切ること。
  • 非常持ち出し品など、持ち物は必要最初小限にします。(一次持ち出し品参照)
  • 丈夫な履物を用意し、活動しやすい服装に着替えます。
  • 避難することになったら、防災関係機関や自主防災組織等の指示のもとに集団で協力し合って最寄りの避難所へ避難します。
  • 避難は徒歩で、自動車等の使用は控えましょう。

このページに関するお問い合わせ

総務部 危機管理課 防災グループ
〒490-1405 愛知県弥富市神戸三丁目25番地 十四山支所
電話番号:0567-65-1111(代表) ファクス:0567-52-3276
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る


Copyright (C) City of Yatomi, All Rights Reserved.