エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • 暮らしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
  • イベント
  • 事業者情報

現在の位置:  ホーム > 暮らしの情報 > 健康・医療 > お知らせ・イベント > ジェネリック医薬品をご存知ですか


ここから本文です。

ジェネリック医薬品をご存知ですか

ページID Y1000242 更新日  平成29年3月2日  印刷

国民健康保険は、皆さんの税金や国・県の補助金などにより運営していますが、弥富市の国民健康保険の財政は、年々医療費が増加し、大変厳しい状況にあります。

医療機関で処方される医薬品には、新薬(先発医薬品)とジェネリック医薬品(後発医薬品)があります。
ジェネリック医薬品とは、新薬の特許が切れた後に、開発元と異なるメーカーによって販売される医薬品です。研究・開発コストを大幅に抑えられるため、新薬に比べて品目ごとに様々ですが、半額以下の薬もあります。
効き目や安全性については、国により審査が行われており、新薬と同じ有効成分、同じ効能・効果をもっています。
皆さんの病院など窓口での負担軽減に役立ちますので、ジェネリック医薬品を希望される場合は医師・薬剤師にご相談ください。

新薬とジェネリック医薬品を使い分けて、医療費の削減を

新薬の開発は、新たな特効薬や、より高い治療効果のために大切なことです。
治療の可能性を広げる新薬と、とくに家計の負担が大きい生活習慣病など、身近で慢性的な病気の薬代の節減につながるジェネリック医薬品を上手に使い分けていくことで医療費を節減させましょう。

ご注意

  • すべてのお薬にジェネリック医薬品があるとは限りません。また薬の種類によって薬価は異なります。
  • ジェネリック医薬品への切り替えにより、薬自体の単価は下がっても、自己負担額がそれまでとあまり変わらない、また上がる場合もありますので、自己負担額についても事前に相談しましょう。

安心して医療を受けられる国保制度の安定を目指して

医療費は、皆さんが医療機関などの窓口で支払う額(自己負担分)以外に、国民健康保険が支払う額(保険者負担分)があります。
保険者負担分は、皆さんの納める税金などにより支払っていますので、医療費が増大すると、皆さんの税負担も上昇することとなります。
医療費を節減させ、誰もが安心して医療を受けられる国民健康保険制度を守りましょう。

弥富市国民健康保険はジェネリック医薬品の利用を促進し、医療費負担の軽減を図ってまいります。

ジェネリック医薬品希望カード

ジェネリック医薬品希望カード・シールが必要な方には市役所保険年金課にて配布いたしております。

詳細は下記の添付ファイルご覧ください。

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

民生部 保険年金課 国保グループ
〒498-8501 愛知県弥富市前ケ須町南本田335 図書館棟(旧本庁舎棟南)
電話番号:0567-65-1111(代表) ファクス:0567-67-4011
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る


Copyright (C) City of Yatomi, All Rights Reserved.