エンターキーを押すと、ナビゲーション部分をスキップし本文へ移動します。

  • ホーム
  • 暮らしの情報
  • 施設案内
  • 市政情報
  • イベント
  • 事業者情報

現在の位置:  ホーム > 暮らしの情報 > 健康・医療 > 健康診査 > 特定健康診査・特定保健指導事業


ここから本文です。

特定健康診査・特定保健指導事業

ページID Y1000225 更新日  令和2年4月3日  印刷

年に一度は特定健診を受けましょう。

40歳から74歳の国民健康保険加入者の方に、特定健康診査を実施しています。
特定健康診査では、生活習慣病と深くかかわる、メタボリックシンドロームとその予備群の人を早期発見していきます。
また、健診結果から対象者を選定し、対象者に合わせた効果的な特定保健指導を実施します。

特定健康診査

「特定健康診査」は、生活習慣病の予防や早期発見のために、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目した検査項目での健康診査です。腹囲やBMI(体重(キログラム)÷身長(メートル)×2)から生活習慣病の大きな要因となる内臓脂肪のリスクの有無を判定します。他にも、血圧測定や、血糖・血中脂質や肝機能の状態を見る血液検査、尿検査、そして喫煙歴や食生活などの生活習慣に関する問診が行われます。

特定保健指導

特定健康診査の結果により、腹囲やBMIの値が一定の基準を超える方に対して、高血圧・高血糖・脂質異常症や喫煙歴の追加リスク数に応じて実施する「動機づけ支援」「積極的支援」といった指導を「特定保健指導」といいます。内容は、医師や保健師などによる、運動や食事を中心とした生活習慣の改善支援です。特定保健指導だけでは改善が見込まれず、服薬による治療を必要とする方は対象となりません。

動機づけ支援(生活習慣改善支援の必要性が中程度の方)

医師等との面接において行動目標を設定し、個々の生活習慣を改善する実践的な指導を行います。
3から6カ月後に、身体状況や生活習慣に変化が見られたかの評価を行います。

積極的支援(生活習慣改善支援の必要性が高い方)

動機づけ支援と同様の面接による指導を行います。また、3カ月以上継続的に行われる支援プログラムを通じてきめ細やかな生活習慣の改善支援を実施し、3から6カ月後にその評価を行います。

特定健康診査・特定保健指導の流れ

  1. お知らせが届きます。
    対象となる方には「特定健康診査受診券」およびお知らせを送付します。
    健診機関や有効期限を確認し、期間内に必ず受診しましょう。
  2. 特定健康診査を受けます。
    健診内容:問診・身体計測・理学的検査・血圧測定・尿検査・血液検査・心電図
    医師の判断による追加項目:眼底検査
  3. 結果が届きます。
    受診医療機関から健診結果を送付します。
  4. 特定保健指導
    健診結果および質問票の結果などを考慮し、 保健指導のレベルを対象者のリスクの高い順から「積極的支援」「動機づけ支援」「情報提供」の3つに分けられます。
    必要な方には保健指導を行い、生活習慣改善を支援していきます。

(注)年度途中で、他の保険から国民健康保険の被保険者になられた方でご希望の方も受診いただけますので、保険年金課までお問い合わせください。

第3期特定健康診査・特定保健指導実施計画

弥富市では、「高齢者の医療の確保に関する法律」に基づき、特定健康診査等実施計画を作成しました。特定健康診査などの具体的な実施方法や、その実施に関する具体的な目標を記載しています。
第3期特定健康診査・特定保健指導実施計画(平成30年度から平成35年度)

PDFファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。お持ちでない方は、アドビシステムズ社のサイト(新しいウィンドウで開きます)からダウンロード(無料)してください。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部 保険年金課 特定健診グループ
〒498-8501 愛知県弥富市前ケ須町南本田335
電話番号:0567-65-1111(代表) ファクス:0567-67-4011(代表)
お問い合わせは専用フォームをご利用ください。



このページのトップへ戻る


Copyright (C) City of Yatomi, All Rights Reserved.